いとう信久の政策

政策

Dr.イトーのニッポン再生計画

いとう信久のお約束

政策1

なぜバイオシミラーが必要とされるのか?

line

医療費は毎年 1 兆円規模で増加しています。この増加の一途をたどる医療費を削減するために、バイオ医薬品の後続品であるバイオシミラーの使用が有効です。

バイオシミラー(バイオ後続品)とは、先発医薬品の特許期間満了後に発売されるバイオ医薬品のことです。バイオシミラーは新薬開発に比べて開発費や開発期間が抑えることができるため、安価で提供することができます。

医療費削減でどう変わるのか?

line

医療費が削減できることにより、他の社会保障費にまわすことができます。

議員連盟を設立し、実現に向けて動き出しました

line

超党派のバイオシミラー使用促進議員連盟(伊東が事務局長)を設立しました。そこから政府に働きかけ、バイオシミラー普及の実現に結びつけていきます。

政策2

なぜ必要か?

line

現在、高槻・島本地域を結ぶルートは枚方大橋だけです。この淀川に架かる橋の少なさが慢性的な渋滞や、地域住民の皆様にご不便を強いる要因になっています。

生活がより快適に

line

新たな橋を架けることで、枚方大橋の慢性的な渋滞を解消し、周辺地域における商業圏の拡大や災害時における医療連携が実現できます。

日本維新の会だからこそ実現できる

line

松井大阪府知事は我々日本維新の会の代表でもあるので、密に連携を取り国に働きかけていき早期完成を目指します。(平成28年から32年に着工予定)

政策3

国民の皆様に寄り添った議員を

line

消費税率の UP により国民の皆様に負担を強いている一方で、我々国会議員は新たな負担がなく、国民との距離が広がっています。私たち国会議員も、国民が感じている痛みを共に感じることにより、国民目線に立った政策立案ができると考えます。そのため、国会議員の無駄を徹底的に省いていきます。

実現に向けて

line

具体的には、国会議員の定数削減、議員歳費削減、文書通信交通滞在費の使途公開など、引き続き法案を提出していきます。